学校法人水野学園 東京サイクルデザイン専門学校 TOKYO COLLEGE OF CYCLE DESIGN

Students在校生紹介


STUDENT’S VOICE


2012年4月の開校以来、高校生や大学生はもちろん、留学生や50歳代の社会人の方など、さまざまな経歴を持つ方々が全国から集まっています。

卒業後は自分のショップを持つのが目標


自転車プロダクトコース1年
池田 直也さん (19歳・神奈川県出身)

中学生の頃にBMXに乗りはじめ、今は友達とバイクチームを組み、『SE BIKES』というブランドのビッグホイールBMXでバイクショーに出演したり、動画を配信する活動をしています。TCDに入学する前からBMXの知識は多少あったのですが、入学後にロードバイクからシティサイクルまで幅広い車種に触れ、技術や知識の幅がグンと広がったと思います。卒業後はエクストリーム系の自転車をメインに扱う自転車ショップをオープンするという明確な目標があるので、仕事にも直結するメンテナンスの授業は一つ残らず聞き漏らさないように集中して聞いています。

熱中できることを仕事にできる喜び


自転車プロダクトコース2年
寺田 章太郎さん (24歳・埼玉県出身)

大学生の頃に自転車に乗る楽しさを知り、年間7000kmは走る日々。ブルベにも挑戦し、気づけば自分で自転車をいじることも大好きになっていました。学校生活は、自転車大好きなクラスメートや先生たちとたくさん話し、知識を共有しながら学べたので本当に楽しかったし、とにかく中身が濃かったです。卒業後はトレックに内定を頂いています。まずは自社製品の専門的な知識を身につけ、社内資格を取得するのが直近の目標。まだまだ学びは続いていきますが、せっかく自分が大好きなことを仕事にできるので、一生懸命努力し続けたいなと思います。

競輪業界全体を支える仕事に就きたい


自転車クリエーションコース2年
上田 慶太さん (20歳・京都府出身)

高校生の頃は自転車競技部に所属し、その頃から競輪フレームを作るビルダーになりたいという思いが芽生えていました。TCDに入ってから技術や知識が身についていくと、その思いはより強くなりましたね。授業を真剣に受けることはもちろんですが、課題を早く終わらせて自分のやりたい作業に取り組むなど、時間を無駄にしないよう、この1年間意識していました。自分が作ったものに対しての反応が、先生や同級生たちからダイレクトに返ってくるので成長も実感しやすく、自信にも繋がっています。卒業後は競輪フレームを作れるビルダーか、競輪関係の仕事に就くのが目標です。

学校だけでなく走ることも頑張った3年間


自転車クリエーションコース3年
千徳 竜輝さん (21歳・埼玉県出身)

在学中はロードレースやクリテリウムレースに出場し、自転車に乗ることにも力を入れていました。3年間のなかでビルディングやディスクブレーキについての授業が特に印象に残っています。今まで当たり前のように触れてきたものでも、構造や仕組みを深く理解することで、意識も大きく変わりました。卒業後は自転車メーカーのジャイアントに内定を頂いています。最初は直営店勤務からスタートし経験を積み、将来は本社で開発や設計にも携わってみたいという思いもあります。まだまだ学ぶことは多いですが、TCD卒業生の先輩もいるので心強いですね。


高校1・2年生からの進路選び詳しくはこちら