新型コロナウイルス感染症に関する対応について

詳しくはコチラ

学校法人水野学園 東京サイクルデザイン専門学校 TOKYO COLLEGE OF CYCLE DESIGN

Courseキャリアスクール 自転車メカニック夜間コース(全40回)


コース概要キャリアスクール 自転車メカニック夜間コース


初級講座25回/上級講座15回 = 計40回

週2回、計40回の通学で、分解組立からカスタマイズのノウハウまで一連の自転車整備技術を修得。
身体特徴に適わせた調整など、フィッティングに関する技術も学びます。
上 級講座ではホイール組み、サスペンション・油圧ブレーキの調整など、業界が認定する「技士」「整備士」資格にも劣らないハイレベルな技術の修得を目指します。

カリキュラム抜粋


初級講座(全25回)
  • 自転車基礎知識
  • 工具の使い方
  • パーツ知識
  • ケミカル類の知識と使用方法
  • タイヤの取り外し、パンク修理
  • ロードバイクの調整
    (ブレーキ・シフト調整/ワイヤー交換/全分解/タップ/フェイシング/組み立て/バーテープ巻きなど)
  • MTBの調整
    (Vブレーキ/機械式DISCブレーキ調整/全分解・組み立て/学内試乗など)
  • SHIMANO Di2概論
  • トラブルシューティング
上級講座(全15回)
  • ホイール組み
    (工具説明/バラし/仮組/振れ取りなど)
  • 各種タイヤ
    (チューブラー/チューブレス/チューブレスレディースタイヤの構造、装着方法など)
  • ハブO/H
  • サスペンション
    (種類と構造/コーディングと素材/リバウンド・コンプレッションコントロール)
  • 油圧
    (仕組みと構造/オイルの知識/工具の解説/ブレーキホース・コネクタの取り扱いなど)
※ ※初級講座のみの受講も可能です。
※進行、内容は予告なく変更されることがあります。ご了承ください。

受講者の声


  1. 服部 友保さん
    服部 友保さん

    ホイールを換えたら、パーツが気になりだしたんです

    夜間スクール受講のきっかけはヒルクライムに向けて軽量フレームに交換したことです。ホイールを換えたら、急に見栄えが変わって。そうしたら、初めて一個一個のパーツも見えてきて、他のパーツもいじりたいなと。ただ、自分でいじるのは不安があったので受講を決めました。僕にとってこの授業の時間は至福の時間でしたね。

  2. 田中 直樹さん
    田中 直樹さん

    業務命令で夜間コース!? 目指すは自転車店出店!

    受講の目的は会社の新規事業として自転車店を開くための勉強。高校生のときにロードは乗っていましたが、再び乗り出したのは3年前。昔はギアが5速でしたから、今は浦島太郎状態です(笑)。これまで自己流だったのでシフト調整もカタカタと音が鳴っても気にせず乗っていましたが、うまくいくようになりました。きっちり勉強してお店を出せるレベルを目指します!

  3. 蛭田 雄一さん
    蛭田 雄一さん

    先生がフレンドリーで、教え方がうまいのがいいですね

    ロードを乗り始めるのとほぼ同時に夜間コースを受講し始めました。何も知らないのでコツがわからないですし、自分の自転車をいじるのも不安ですからね。TCDは先生がフレンドリーで教え方が分かりやすいのと、自転車の仕組みや機械部分の動作を理屈から教えてくれるので、覚えやすいんです。いずれは自分でフレームから組み付けをしてみたいですね。

募集要項


お申し込み方法

オンライン申し込み

下記のボタンよりオンライン申し込みフォームを開き、必要事項をご記入の上、お送りください。

お申し込みフォームへ

郵送/FAX

お申し込み用紙に必要事項をご記入の上、郵送またはFAX(03-3499-0359)にてお送りください。

資料請求

「キャリアスクール 自転車メカニック夜間コース」
デジタルパンフレット無料ダウンロード(PDF形式)

お申し込み期間・受講期間

お申し込み期間 受講期間
4月生 1月6日~定員まで 4月〜9月 計40回
(全講座受講の場合)
10月生 8月1日~定員まで 10月〜3月 計40回
(全講座受講の場合)

曜日/時間

火曜・木曜 19:00 〜 21:00

学費・教材費

学費

  入学金 初級講座 上級講座 合計
授業料 施設費 授業料 施設費
全講座受講 36,000
128,000
15,000
82,000 15,000 276,000
初級講座のみ - - 179,000

教材費等(予定)

教材費:55,930円
(個人工具費 6,350円 貸出工具費 2,700円 貸出自転車費 16,200円 消耗教材費 27,300円 共通教育資料費 3,100円)
※別途、傷害保険料(300円の予定)がかかります。
※上記金額は全講座受講の場合です。詳細は入学相談室までお問い合わせください。

注意事項

☆ 受講をキャンセルされる場合、開講月の前月までのご申告であれば、入学金を除く学費を返金いたします(振込手数料はご本人負担)。開講月のご申告については、いかなる理由においても返金できませんので、あらかじめご了承ください。
☆ 申込人数が定員に達せず開講できない場合、学校の都合で授業曜日等が変更になり申込者が通学できない場合は、学費全額をご返金いたします。